前へ
次へ

安定収入にはディーラーとの関係が重要。

行政書士資格を取っても就職に損になることはなくても、得になることもあまりありません。官公署への書類の

more

行政書士は近年難易度が上がっています

行政書士試験の難易度は人々が考えている以上に高いです。と言うのも、以前は法律の知識を純粋に問う問題が

more

種類別にみる行政書士試験の難易度について

行政書士は法律関係の資格であるため、大学での授業で法律関連の多く受講していた方や法学部出身ですと難易

more

行政書士の資格保持者の就職先について

行政書士の資格保持者は独立開業をするのが一般的で、行政書士資格が取れたからといって就職に必ずしも有利の資格とは言えなくなっています。しかし、会社によっては行政書士を必要とする場合があります。例えば建設業などでは、建設関連の営業許可の更新は毎年必要とされていますので行政書士は必要となります。一般企業に勤めている方は、総務や法務で活躍できるケースもあります。また、稀に独立開業の事務所で募集されるケースもあります。特に、書類作成などは一般の方ではなく、資格保持者でなければできないものも多数ありますので、就職先によっては活躍できる場合もあります。収入面については独立開業以外の場合、一般の会社員程度の収入と言われています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

資格の問題でなく、資質の問題です。

行政書士資格を取っても仕事がないよという人がいますが、士業の花形である弁護士でさえ年収が300万円に満たない人がザラにいる時代です。医師でさえ、開業しても借金が払えず夜逃げするする者もいます。資格の問題ではなく、個人の資質の問題です。昔は運転試験場の周辺に行政書士事務所が多くあり、書類の代行をしていたとこは、書類が簡素化されて以降、どこも壊滅状態です。しかし、インターネットの世界で薄利多売で、手広く業務を行っている行政書士事務所のい中には成功をしていることもあります。時代に合わせ対応していくことは、どの資格に関わらず重要なことです。行政書士業界は全体的に不景気傾向で、中には不法就労や不法滞在を手助けする者がいますが、国家を危機に晒すようなことは資格に関わらずすべきではありません。

Page Top