前へ
次へ

なってからがんばる行政書士

みなさまがすでにご存知のように、資格試験としての行政書士試験の難易度は、決して高くはありません。それよりも登録後、商売として成立させることの難易度がはるかに高いのです。うまく単独で行政書士としてやっていくには、顧客確保の市場や立地の調査が最も重要になります。どうやって、自分の仕事にあったニーズを生み出し、サービスを提供するか。これにはよほどの腹のくくり方をしなければなりません。それには、下で働きながら経験を積んだり、知り合いの地盤を引き継いだり、自分で開拓したり、とにかく、自分から動いて、仕事をゲットしていく意欲が必要だという点では、難易度が高くなってきます。それによって、収入の増減が大きく違ってきます。

Page Top