前へ
次へ

行政書士は近年難易度が上がっています

行政書士試験の難易度は人々が考えている以上に高いです。と言うのも、以前は法律の知識を純粋に問う問題が出題されていて市販の問題集、独学でも十分合格できる内容でありました。しかし、数年前より新試験制度が導入されて、法律を理解し考える必要のある問題へと変わりました。法律の知識を問う問題も出ていますが、理解した上でそれを元にした問題が出題され勉強の量ではなく質も高めていく事が重要になりました。しかし、行政書士は受験資格、年齢制限が無くその気になれば誰でも受験できる資格です。自分がしっかり勉強して理解していればどんなに受験者がいても合格できるのです。内容は難しくなりましたが、自分の理解次第であり、難易度は気にせず挑戦すれば良いのです。

Page Top