前へ
次へ

行政書士になるための勉強法

行政書士になるためには国家試験に合格する必要があります。その合格率は一桁台となることが多く、かなりの難関となっています。難易度が高い理由は法令の出題範囲が広く、また記述式問題もあり、付け焼刃の知識では点数が取りにくい試験内容となっていることが挙げられます。勉強法について、法律の基礎知識を有している方であれば独学で学ばれるもよいでしょうが、法律に触れる機会が少ない方は専門学校等でポイントを絞った学習方法を選択するほうが無難です。一般的な合格するまでの学習時間は1000時間程度といわれており、法律の基礎から勉強するとなると、遥かに多くの時間を要する可能性があります。試験は全問正解する必要はなく、60%正解できれば合格となります。自分に合った無理のない勉強法を最初に見つけて、計画的な学習に努めましょう。

Page Top