前へ
次へ

種類別にみる行政書士試験の難易度について

行政書士は法律関係の資格であるため、大学での授業で法律関連の多く受講していた方や法学部出身ですと難易度が若干下がります。行政書士試験の内容についても憲法や行政法などの基礎知識を問われることが多いため、大学で法律を専攻していた場合などは有利になります。一方で過去に法律の勉強をしたことがない方が試験を受ける場合には、行政書士試験の難易度に大きな差が生じます。このような方の場合には法律の知識を1から覚えていくため、勉強量についても多く費やす必要があります。また行政書士の試験は年に1回しかないため、1度に覚える必要がある量についても膨大なものとなります。なので法学部出身などであればそんなに苦労はしないですが、法律初心者の方ですと難易度がぐっと高くなる傾向がある資格となります。

Page Top